生命保険見直しレポート 忍者ブログ
生命保険の見積もりや見直しってしてますか?生命保険の比較サイトまであるほど生命保険の見直しが大事になっています。生命保険比較ランキングで自分の生命保険を見直しましょう。
SponsoredLink
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

保険型の個人年金は、生命保険会社や郵便局などが扱っています。

 

 

そもそも人々は、なぜ個人年金に加入するのでしょうか?

 

 

その理由でダントツで多いのは、やはり老後の日常生活のための資金の準備ということです。

 

 

ここに現代の公的年金に対する現役世代の不安が浮き彫りにされてくると思います。

 

 

個人年金の保険の特徴について見てみましょう。

 

 

まず、個人年金の保険は預貯金と違い、自由に引き出せない代わりに貯めるのに適しており、

老後の目的を確実に達成することが出来るという点です。

 

 

また個人年金の保険は「保険商品」であることから、死亡保障が年金支払開始前についてくるのが

大きな特徴です。これは非常に有難いですね。

 

 

さらに他の保険機能の追加も可能であり、ライフプランに合った保険料の支払い方、さらには

受け取る年金の額を決めることが出来たりと、非常に柔軟な対応になっているところが嬉しいですね。

 

 

60歳以降の平均余命が長くなってきている現代においては、個人年金の必要性がますます多くなって

来ていることは事実でしょう。

 

 

個人年金の保険の加入方法は様々で、保険会社や郵便局は勿論のこと、銀行などの金融機関でも

可能となっており、商品比較に関してはインターネットを利用して行えるようになっています。

 

 

世界中で様々な事件やトラブルが日常茶飯事のように発生し、ニュースを見ても明らかなように、

社会の不安に対して保険という1つの安心材料を、多くの人々が求めている今日この頃なのでしょう。

PR

今巷には、あらゆる種類の生命保険が溢れていますよね。

 

 

TVのCMでも一社の中にいろんなタイプの保険の種類が宣伝され、どれが一番自分に合った

商品だろうかと悩んでしまいます。

 

 

そこであなたは生命保険の見直しを考えたことがあるかもしれません。

 

 

最近ではそうした方が、専門のアドバイザーよって自分に最適な保険プランを見直ししてもらい、

より安くお得な商品に切り替える方が増えてきているようです。

 

 

生命保険の見直しを考えている方々の理由として色々あげられますが、やはり一番気になるのが

もっと生命保険料を安く、無駄なくすることが出来ないだろうかと考えている点でしょう。

 

 

そこで考えなければならないのが、まず生命保険の基本的な仕組みを知り、種類などの内容を

しっかり把握する事、次に複数の専門アドバイザーに相談して、偏りの無い意見を求める事です。

 

 

また、最近の生命保険の会社の紹介パンフレットなどは、初めての方にもわかり易く理解しやすい

図解を多用したものが多いので、それだけでもある程度は把握できると思います。

 

 

生命保険の見直しは、インターネットでもどしどし紹介されているので活用したほうが賢明ですね。

 

 

やはり私達にとっては、生命保険を選ぶときには、有利で、無理や無駄がない保険を選びたいものです。

 

 

しかし中には会社や販売員の利益のみを考えて売りつけるケースもありますので、注意も必要ですね。

皆さんの会社にも生命保険レディーが来たことはあると思います。

 

 

生命保険レディーのお仕事は、企業や一般家庭を訪問し、保険の契約を取ってくる女性の

生命保険外交員のことですが、私の記憶では、中年の女性が保険会社のパンフレットと名刺を持って

たまに挨拶に来ていました。とても感じの良い方でした。

 

 

しかし現在ではその数も減ってきており、その理由としてなかなか契約が取れず辞めていく事が

あげられます。

 

 

生命保険レディーはあのバブルの時代、約44万人もいたとの事ですが、今では26万人程に

減ってきているとの事です。

 

 

生命保険会社に入社しても、2年以内に約8割の人が辞めていく訳ですから仕事的にかなり厳しい

状況なのでしょうね。こういった契約をとる仕事は数を取ることが一番の使命ですし、ノルマが

ある為達成できない人は肩身の狭い想いをしなければなりません。

 

 

このように生命保険レディーの仕事は実力の世界であり、社員の中には収入の少ない人と多い人の

格差が激しい事になります。

 

 

何しろ少しの固定給とそのほかは完全歩合給なので、必然的に契約数の少ない人は収入が取れません。

 

 

生命保険レディーの仕事に限らず、営業の仕事はどこも同じ厳しさがありますが、もう少し社員が

働きやすくなるような条件を考えてほしいところです。

 

 

生命保険レディーの仕事の現状としては限界を感じざるを得ません。

プルデンシャル生命保険をご存知ですか?

 

 

プルデンシャル生命保険とは、米国最大級の金融サービス機関であるプルデンシャルファイナンシャル

グループの一員のことで、最初はソニープルデンシャル生命として設立されたらしく、現在の

ソニー生命といってみれば兄弟会社のような感じです。

 

 

プルデンシャル生命保険員は、とてもプライドが高く誇りを持ってるのが特徴で、営業に関して

高いプロフェッショナル意識を持っています。

 

 

ではそのプルデンシャル生命保険員の活躍ぶりとは一体どのようなものなのでしょうか?

 

 

彼らはただ闇雲に保険商品を売り込むことはしません。

 

 

そうではなく、まず顧客のニーズを聞き出してからそのニーズにぴったり合う保険商品を選び、

お客様に提案していくのです。

 

 

そこがプルデンシャル生命保険員の高いプロ意識を垣間見せてくれます。

 

 

保険員は「ライフプランナーシップ」と呼ばれる崇高な理念を叩き込まれており、自分の資質を

磨き、お客様に最高のサービスを提供するスタンスをとっています。

 

 

プルデンシャル生命保険の販売形態は男性中心の直販営業社員で、代理店チャネルも通信販売チャネルも

無いところが特徴です。

 

 

プルデンシャル生命保険の商品ラインナップについては、ほぼ全種類が揃っている事は確かですが、

保険料水準は他の保険会社と比べると高いようです。

 

 

では何がこの保険会社の売りの部分なのでしょうか?

 

 

それはそこにプルデンシャル生命保険ならではのVIP待遇を受けられるということです。

 

 

ここが他の保険会社との一番の差別化であることですね。

生命保険協会とは、現在の日本の生命保険事業38社の信頼を維持し、健全な発展を

目的としたもので、明治41127日に社団法人として認可を受けました。

 

 

2007年2月現在の協会の会長は斎藤勝利氏となっています。

 

 

生命保険営業職員や代理店の教育などを行っているのが生命保険協会の役割であり、

いくつかの体系的課程に分かれています。

 

 

まず生命保険の基礎知識を修得する為に一般課程があり、一般課程試験が行われています。

営業職員は所定の単位の研修を受けることになり、入社後3ヶ月行われます。

 

 

また募集代理店の場合、業務委託説明会が研修前に行われることになっています。

 

 

次に専門課程ですが、専門課程試験に合格するとライフ・コンサルタントの称号が与えられ、

お客様に対応する為の基本的な力を高め、より専門的な保険知識、周辺知識の修得が求められます。

 

 

次に応用課程があり、さらなる実践力と応用力の修得に力をれ、ファイナンシャル・プランニング・サービス

を行うにあたっての、全ての知識を習得することになります。

 

 

さらにより高度なレヴェルの修得に、生命保険大学課程があり、この上にも最高位の称号である

シニア・ライフ・コンサルタントのレヴェルがあり、生命保険協会の目的である真の生命保険

ファイナンシャルプランナーの育成の充実したシステムが伺えます。

 

 

この様に見ていきますと、生命保険協会があることにより、ファイナンシャルプランナーを目指す

人々にとって、常に高いレヴェルを目指す仕事意識に拍車をかけるような仕組みになっています。

カテゴリー
SponsoredLink
最新コメント
[11/18 so]
最新トラックバック
iso
(11/15)
リンク
管理者:保険の見直し
【管理者へ問い合せ】

※誹謗中傷等へは対応しません
バーコード
Copyright (C) 2007 by 生命保険見直しレポート All Rights Reserved
特定商取引法に基づく表記
Design by ススメ::342.blog
忍者ブログ [PR]